2018年3月17日土曜日

Published 1:38 by with 0 comment

3月17日(土)愚者・ペンタクルス2 遊

今日は東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時頃までいます。

今月は愚者、今日はペンタクルス2が鍵です。

ペンタクルス2
二つのペンタクルスを上手く操りながら踊り続ける人物が描かれています。
背後の荒波を知っているのか、知らないのか。

このタロットカードに出会うたびに感じるのは、生きることを楽しむコツってのはこれなんだなということです。

一見すると対立するように思えるものがあります。
収入と支出。仕事の時間と自分の時間。
妻と愛人とか。
陰と陽とか。
闇と光とか。
自他とか。
この二つを上手くバランスをとる。偏らない。





闇か。
闇は深くなればなるほど、優しく静かだ。




愚者
闇と光の対立などとは真反対ですね。
天真爛漫。
白いバラを持ち、荷物は軽い。
こういう心持で日々を過ごす。





なぜか、愚者とソードエースを重ね合わせる時があります。
王冠
単なる勝利のシンボルではありません。遠景は険しい山。これを踏破する。
そのことによって得るもの。
「これでよい」という確固たるもの。

王冠は生きるために必要なものです。





愚者には数字の0が振り分けられています。
he is stationary at the given moment
彼は与えられた瞬間に静止している

こう述べられています。
歩いているように見えます。もちろん、歩いています。そして、止まっています。
 
空(くう)なんだと思う。

昔、インドの田舎にはいろんな動物が野良のように歩いてました。猫、犬、豚、山羊、鶏、猿、象など。
Hotelという名の掘立小屋に滞在していた。ベッドの上に座り瞑想をしていると、開けっ放しの扉や窓から猿や山羊が入ってきて食べかけの果物とかを食べる。
それを眺めて、フッと身体に気を戻すと山羊たちはエッ!?って感じで慌てて逃げ出しました。

あの頃は、人間の気配を無くし家具と一体化するぐらいには深く瞑想に入れたんだが、今じゃ無理だ。ちょっぴり残念。








愚者・ペンタクルス2
自分を大切にし、他を大切にし、楽しんで生きよう。




Love & Peace


3月【3月6日から4月4日】の運勢を掲載しました→http://www.uranai-japan.jp/unsei.html
今月のインタビューを掲載しました、【文章を書く】です→ http://www.uranai-japan.jp/intervew.html



妻と愛人・・・・・・
よし!
      edit

0 コメント:

コメントを投稿