2018年7月2日月曜日

Published 23:05 by with 0 comment

7月3日(火) 悪魔・ソード8逆位置

休みです。

今月の運勢を掲載しました。→http://www.uranai-japan.jp/unsei.html
今月のインタビューを掲載しました。→http://www.uranai-japan.jp/intervew.html
今月のインタビューテーマは「煙草」なんだけど、喫煙歴を振り返ってみたら、ほんと節操のないジジイだと我ながら呆れます。




今月は悪魔、今日はソード8逆位置がテーマです。


ソード8逆位置
籠の鳥が勇気を出して飛び出し、安住の地に帰るというイメージです。
遠景に描かれている城は、守られた場所という意味があります。







悪魔

宗教的戒律や国家が定めた法律とは無関係かもしれない。倫理に関連するのじゃないかと思う。

倫理というのが気になって、昨夜はビーガンの人たちのブログなどを読んでました。ビーガンの人たちは過激な菜食主義者ではなく、健康志向の菜食主義者でもないようです。

不健康な生活をしてるせいか、憧れているのに出来ない嫉妬か、色々と混じりあい(健康志向?ケ!)ってのがある。健康になるため菜食主義でジョギングするなんて、一歩間違って健康のためには猿の生き胆がいいなんてことになったら食うんじゃねぇかと妄想する。

あぁ・・・だが昨日は特定検診で癌検査なんてもんに行ってしまった。この俺が検査のためにだけに病院に行く、数年前には人間ドックにも行ってしまった。
(日和ったね)と奴らの笑顔が浮かぶ。
今朝生徒の一人が紹介してくれたMary Oliverという人の詩。
Someone I loved once gave me a box full of darkness.  It took me years to understand that this too, was a gift.
 Mary Oliver
カッコいい奴らは先に逝く。








刑罰を受ける、処分を受ける、批判をされるなどなどの行為は、悪そのものではなく、悪が可視化したものじゃないだろうかとも思う。

怠ける、手を抜く、道路に唾や痰を吐く、嘘をつく、盗む、傷つける、殺す。
これらは「やってはいけないこと」の線上にあるもので、悪が人間に及ぼす作用じゃないだろうか。

悪そのものではない。






ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

南無無辺行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如来
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼仏
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩

〔雨ニモマケズ〕  宮沢賢治
      edit

0 コメント:

コメントを投稿