2017年12月31日日曜日

Published 13:25 by with 0 comment

12月31日(日)女教皇・ソードクィーン・Breakthrough

1月4日まで休みます。
6連休、あっという間に昼夜逆転生活。自堕落な日々が始まっています。軍隊と刑務所がダメなジジイです。
無問題、ヒッピーだから。

20年前くらいか、ある夜に突然とヒッピーになったと何かが降りてきました。隣の部屋で寝ている妻を起こして「俺はヒッピーになれた!」と言ったら、寝ていた妻は「はいはい、おやすみ」と眠そうな声で答えてくれました。

少し前に女の子が「ヒッピーってなんですか」とメールしてきたので「たーんおん、ちゅーんいん、どろっぷあうと」と返した。

うぃきってみるとこんなことが書いてあった

ヒッピー(英: Hippie)は、伝統・制度などの既成の価値観に縛られた人間生活を否定することを信条とし、また、文明以前の自然で野生生活への回帰を提唱する人々の総称。

1960年代後半に、おもにアメリカ(発祥地はサンフランシスコのヘイト・アシュベリー地区との説がある。ロス郊外のローレル・キャニオン(英語版)とする説もある[1])の若者の間で生まれたムーブメントで、のちに世界中に広まった。彼らの多くは、自然と愛と平和とセックスと自由を愛していると主張した。

Wikipedia

僕的には「たーおんちゅーんいんどろっぷあうとせっくすどらっぐろっくんろーるらぶあんどぴーすめでぃてーしょんぶっでぃずむ」かな、色々あったし歳もとっちゃったんで途中が抜けちゃったけど。






今月も終わり、というか一年が終わりです。
冗談に聞こえるかもしれないけど、心からのお礼です。
「生き延びさせてもらいました、ありがとうございます」



今月の鍵は女教皇、今日の鍵はソードクィーン。
一昨日が、ソード9
昨日が、ソード10逆位置
今日が、ソードクィーン。ソードが続く。

ソードクィーン
他の3枚のクィーンとの違い、ブレスレットをしています。

仏教的に言えば数珠、キリスト教的に言えばロザリオかな。
円形に作られています、無限の時間を表す時もある。無限に続く時間の虚しさを表わす場合もあります。

一説には葬儀のときに身に着けるブレスレットだとも言われています。
だから、この女性は、悲しみの女性です。



雲、鳥、風などのシンボルは、また今度に。




なぜ、この世界には悲しみや苦しみが絶えないのかと考えるより、悲しみや苦しみのなかで、どう生きるかを考える。







女教皇
心を鎮め(本当はどうなんだろうか)と見つめるタロットカードです。





女教皇・ソードクィーン
悲しんだり苦しんだりしている人に、どうすれば寄り添えるかを考え行動する。





さぁ、来年はどんな一年を創り上げていきましょうか?
よいお年をお迎えください。




      edit

0 コメント:

コメントを投稿