2018年10月2日火曜日

Published 0:39 by with 0 comment

10月1日(月) 愚者

10月【10月8日から11月6日】の運勢を掲載しました。
http://www.uranai-japan.jp/unsei.html

10月のインタビューを掲載しました、今月は「SNS」です。
http://www.uranai-japan.jp/intervew.html
 

秋ですね。

台風24号が去ったのちの気温が35℃超えという、台風一過の秋空とは縁遠い天候でした。

昨夜は関東一円の電車は早めに運休し、商店等も早じまいでした。被害予防ですね。
人は学ぶことが出来る。






10月
いつものように、シャッフルしてテーマを決めようかと思ったが、今月末に65歳になるので基本に戻り、愚者を選びます。


愚者
宮廷道化師がモチーフになったとも言われています。犬が一緒に描かれているからかもしれません。王様の持ち物だよということを暗示する犬。


犬とともに王様の元から去った宮廷道化師が【愚者】なのかもしれません。






宮廷道化師は、王様の庇護のもとで生活は安泰、しかも王様を批判することが許されていました。そして王様の気まぐれによって処刑もされました。

奴隷、町人、商人、武家、貴族、皇族は王様の批判をすることを法によって禁じられていました。
だが、法に守られていたので、王様の気まぐれによって処刑されることもありませんでした。

宮廷道化師は、社会の枠の外にいました。法の外にいました。
社会の規範に守られることも縛られることも無く、法に守られることも縛られることもありませんでした。

生活は安定しているし、贅沢もできる。王様の批判もできる、好き勝手ができる。そんな生活は面白くない。
旅に出ようと宮廷道化師は扉を開けました。

愚者の誕生です。



まっさらです。




65歳を機に再び、まっさらになります。



よく生き延びたよなぁ。死んだりしててもおかしくない。なんだろ、運命って。




波乱万丈とは言えないし、平穏無事とも言えない65年間。
全ての人の人生とはそういうものなんだな。






明治維新から150年。
平成も終わり。以前にも書いたが、僕は元号が好きです。

役所に一年更新の許可証を毎年申請するんだが、今までは元号だったが、この秋に申請した分は西暦で許可証が出た。
二重権威になるとかで新元号の発表をギリギリまでしないようにという似非右翼保守のおかげで元号が消えていく。











特別な人生だという意識は全くありません。単に交友関係が狭いという点が問題なのかもしれない。
僕に似ている経験や能力で楽しく老後を過ごしている人を見たことが無いんだ。生活苦で困難に陥り生活保護になってる、脳をやられて精神病院を出たり入ったり、矯正施設を出たり入ったり、そういうのばかり。

だから、お手本が無い。相談相手がいない。
自分で考え、占って決めるしかない老後です。

方向はぶれてない、あとは方法論だけなんだ。どうするのか。



ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

南無無辺行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如来
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼仏
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩

雨ニモ負ケズ 宮沢賢治  
      edit

0 コメント:

コメントを投稿