2018年8月14日火曜日

Published 22:32 by with 0 comment

8月15日(水) 悪魔・ワンド9

東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。

8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html


今月の鍵は悪魔、今日の鍵がワンド9



ワンド9
厳しい一日を予感させてくれるカードです。
意識を集中する点としたら、男の顔の向きから感じ取る。過去に経験したような試練がきます。

逆を言えば、新しいトラブルは起きない。
なんとか今まで乗り越えてきた、今回も乗り越えられるさ。





柵のように並べられた棒・火
その向こうには緑の山と青い空。平和と成長が描かれています。今日(キッツイなぁ)と感じたら成長している証です。







悪魔
なぜ二人はこんなに穏やかな表情をしているのかな。ワンド9に描かれている人物とは大違いだ。

善悪なんて考えないで、思いっきり本能を満足させてあげたら穏やかになるのかもしれない。だが人間のままでは不可能。

なら悪魔の手下になる?
自分の中から、善を捨ててしまう。どうなるんだろう。
続きを読む
      edit

2018年8月12日日曜日

Published 1:40 by with 0 comment

8月12日(日) 悪魔・カップ6

休みです。


8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html

今月は悪魔、今日はカップ6が鍵です。



カップ6
白い花が入ったカップ。白い花は子供の純粋な心を表すともいわれていますが、子供の心が純粋一本かといえばそうでもありません。
大人のような振る舞いを求められているにもかかわらず、年齢はまだ子供でなんの権限も決定権もないジレンマ、そこからくる苦悩は純粋さを消し去ることもある。



カップ6
子供時代のような楽しみ、懐かしい存在を表しています。お盆だね、故郷というイメージをこのカードから掴んでも構わない。

この世界には経験しないと分からないことは沢山ある。経験したほうが良いというわけではないけどね。
結婚の喜びとか苦しみ、子育ての喜びや苦しみなど経験していないと理解はできるが共感は出来ない。ペットロス症候群なんて、経験してないと理解すらできないかもしれません。







カップ6
故郷。僕は故郷に対する思いということが共感できない、故郷がないから。

震災の後の原発事故で故郷に住めなくなった人たちがいる。
住み慣れた場所に住めなくなる心持は理解し共感できるが、故郷に住めなくなったときの心は理解しようとしたり、思い図ることは出来るが、共感ができない。

経験しないと共感が出来ない。もしかすると、これは全ての事柄においてそうなのかもしれません。
当事者同士しか繋がれないものがある。





先日、パスポートの更新をした。本籍地を正確に書く必要があります。本籍地というのも不思議な制度だ。住んでないところに本籍を置いても構わないんだよね。
僕の本籍地は滋賀県彦根市。住んだこともないし、親戚血縁者が彦根市にいるわけでもない。めんどくさいから移動させてないだけです。

日本最南端の土地に移すのもいいかな。

昔は免許証に本籍地が記載されていたんで、それをみたらよかったんだが、今は個人情報保護ということで本籍地は免許証の中のICチップに記録されています。その記録を見るためには警察署まで行かなきゃならない。

免許証の個人情報保護か、なんだろう。
現住所や生年月日、姓名、写真は普通に見れるのに本籍地は機械を通し暗証番号を入れないとみれない。ちょっと不思議。

ICチップに本籍地だけが記載されているとは思えない。前科前歴なども記録されているんじゃないだろうか。
スピード違反かなんかで捕まった時に免許証を警察官がみる、ICリーダーに免許証をスッと通したら窃盗とか取締法違反で逮捕され前科があるかなんてのがすぐに分かる。
そして「ちょっと車内をみせてください」なんてことになってるんじゃないかとも思う。

ま、僕は前科前歴はないので、そんなことを経験することはない。






悪魔
鎖。
ここにも繋がりが描かれている。

善意が存在しない場所や環境で結ばれた絆がある。




敗戦から72年、戦後生まれも72歳。記憶が記録になって繋がっていく。
今年は明治150年。もうすぐ平成も終わり新しい元号になる。

今は昭和とか平成とか元号で区切りをつけることがあるけど、数百年後は鎌倉時代や江戸時代と同じように元号ではなく、東京時代と呼ばれるようになるんだろう。

数百年後の人たちは、東京時代とどんな繋がりを感じてくれるのかな。
続きを読む
      edit

2018年8月11日土曜日

Published 0:10 by with 0 comment

8月11日(土) 悪魔・ソードクィーン

東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。

8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html



今月は悪魔、今日もソードクィーン。
二か月同じ大アルカナ、二日続けて同じ小アルカナ。
偶然はありません。



ソードクィーン
ロザリオをつけています。ロザリオは時間を測る道具だったようです。
仏教で使う数珠の珠は元々108個あったようです。煩悩の数と同じ。

円形であることから、完全を象徴します。
時間を表すこともあります。一周すると同じ珠に戻る。時の流れ、空虚な繰り返しを表すこともある。

日常生活に当てはめると、煩悩のままに同じことを繰り返すことは空虚だということなのかもしれません。






悪魔
善いことをするのだと決意し一所懸命に生きないと悪になってしまう。
これが俺。自分の癖みたいなものが少しわかった。



続きを読む
      edit

2018年8月9日木曜日

Published 22:30 by with 0 comment

8月10日(金) 悪魔・ソードクィーン

東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。

8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html


今月は悪魔、今日はソードクィーンが鍵です。

ソードクィーン
悲しみを知っている女性と述べられています。
だが、その悲しみに突き動かされ、剣のさばきに乱れが生じることは暗示していません。
白か黒かの判断力はソードキングより正確です。




今日は心の動きに左右されることなく理性的に動こう。






悪魔
繋がれている男女の表情は穏やかです。



いまワイドショーで一番取り上げられている人物は山根会長。
飴と鞭だけで終身会長まではいかなかったんじゃないか、なんかしらの魅力はあったんだと思う。

支配と依怙贔屓の塊みたいな報道が多いが、彼を人間的に尊敬し好きだった人もいたと思う。

そして、支配と依怙贔屓をする彼をみて、彼の力を利用し自分も支配と依怙贔屓をしたいと考えた人もいるんだろうな。
支配し服従させ、嫌いな人を追い詰め、好きな人を可愛がるという行為は気持ちいいんだろうね。

一切のものが神の顕現ならば支配と服従にも神の力が働いている。
神様からの最高のプレゼントって理性だと思うんだ。







神との結びつきを象徴するときもあります。鎖によって神と人間は結ばれ、人間と動物や無生物も結ばれる。

人間は動物より神に近い存在、なの?
アメフト、レスリング、そして今回のボクシング。
集団の中に、力と指導力を持った個体が存在すると、自分の正義感や倫理観や道徳観など捨てて、その個体にこびへつらう。

脊椎生物の性(さが)だ。「長いものには巻かれろ」って昔の人は上手いこと言ってるね。







繋がれている男女の穏やかな表情。
長いものに巻かれたほうが平穏なんだよ。
俺?緊縛プレイは好みじゃない。
続きを読む
      edit

2018年8月8日水曜日

Published 23:20 by with 0 comment

8月9日(木) 悪魔


休みです。
写真は昨夜の秋葉原駅前です。台風の影響で閑散としていました。



8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html



今月のテーマが悪魔。


悪魔
男女が鎖につながれています。鎖は征服、囚われの身、服従などを表しますが、もう少し楽しいことも象徴します。

鎖は輪の繋がったものだから、鎖と輪はなにか共通点があるのかなと辞書を読んでたら、Ringの項目にプロメテウスのことが書いてあった。プロメテウスがギリシャで初めて指輪をはめたといわれているようです。鎖に繋がれていたことの象徴です。

あぁ、辞書を読むと書いてしまったが、辞書って調べ物をするときだけに使うんじゃなく読み物として使うのも楽しいよ。これはマジにお勧めします。







鎖は結婚も象徴します。
このカードには男女が描かれているからなぁ、結婚=鎖=枷と捉えてもいいのかもしれない。

僕のように薄っぺらいペラッペラの男は鎖のような枷がないと訳のわからんとこへ飛んでっちゃう。








幸せな結婚生活をおくっていますか?
津川雅彦さんが亡くなった。朝丘雪路さんが亡くなったときの会見がテレビで流れていたが・・・あっという間だったな。











このカードのアルカナの一つは、(緩んだ)鎖ではないかと考えています。
そう、緩んでいる。ここがミソなんだよ。





昭和ブルースです。
鎖には、運命や宿命という意味もあります。
昭和ブルース、1973年。「見えない鎖が重いけど・・・」という歌詞。

天地茂さんって54歳で亡くなっていたんだ。






俺は老醜をさらしながら生きている。だが長生きはするもんだ。サマータイムを経験できそう。どうせならウィンタータイム、スプリングタイム、オータムタイムも作ってほしい。

冬なんか、あと10分布団の中にいたいと思うよね?
ウィンタータイム、どう?
現在より2時間遅らせる。冬の夜長を楽しみ、朝は少し暖かくなってから始動する。

春は曙だから、スプリングタイムは現在より4時間ぐらい早くする。日の出を拝みながら朝礼とか良いんじゃないかな。





続きを読む
      edit

2018年8月7日火曜日

Published 22:19 by with 0 comment

8月8日(水) 悪魔・ワンドエース逆位置



東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。


8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html






今月は悪魔、今日はワンドエース逆位置が鍵です。




ワンドエース逆位置
このカードは逆位置に出てもさほど意味が変わりません。


川の向こうに館が見える。丘の上に立っている館。
丘は(高さ)を象徴したもので、祈りを意味するときがあります。
祈りか。




そういえば海水浴というのをしばらくやってない。



ワンドエース逆位置
川を渡る困難さがクローズアップするわけではありません。

川を渡る。

メコン川です。
40年ほど前もメコン川を渡ろうとしました。ラオスへ行きたかったんだ。だがラオスは内戦状態、査証をとりにバンコクのラオス大使館に行ったが、けんもほろろの対応。

口コミでタイのノンカイという町ではビエンチャンに行く渡し船が出てるという話を聞いて早速ノンカイへと列車で移動。

口コミは確かでした。地元の人が渡し船でラオスへ往来をしてました。入出国管理は数名の役人、地元の人はパスポートなどを提示しないで船に乗り込んでた。

僕も列に紛れ込んで船に乗れるかなと期待したんだけど、役人に話しかけられタイ人でもラオス人でもないことがバレて乗せてもらえなかった。

諦めてホテルに帰りました。
このホテルの娼婦というか男娼というかはスッゴク可愛かった。
僕も20代だったし、可愛かったと思う(笑)









悪魔
 通り悪魔

『世事百談』より「通り悪魔の怪異」[1]

通り悪魔(とおりあくま)は、気持ちがぼんやりとしている人間に憑依し、その人の心を乱すとされる日本の妖怪。
Wikipediaより


僕の場合に限って言えば、気持ちがぼんやりとしていると、善いことをしない人間だと気付いたのが最近だもんなぁ。






最近のニュースを観ていると、平成時代って昭和時代の後始末をさせられたように感じるときがあります。

続きを読む
      edit

2018年8月6日月曜日

Published 22:49 by with 0 comment

8月7日(火) 悪魔・カップクィーン

休みです。


8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html

ホーチミンの夜の道路です。暴走族の映像ではありません。



暑い。ねぇ。
今夜はジャニスです。

69年か。


70年代、森田童子とドアーズ。時々ジャニスという日々が長かった。
長すぎたのかもしれません。
27歳で死ねなかった俺はもうすぐ65歳になります。高齢者だぜ、笑うね。申し訳ない。





酢酸の匂いと、キラキラ光るガラス管の中に真っ赤な地図の花が咲く。
なんだったんだろう。






今月は悪魔。今日はカップクィーンが鍵です。


カップクィーン
聖杯を持つ女性。
聖母マリアかマグダラのマリア。 彼女が見つめている杯は聖杯です。最後の晩餐に使ったと言われているワインが入った器ですね。




彼女の衣は水と一体化しています。これはどういうことなんだろう。
水、湿り気を与える力。潤す力。
かさついた命に潤いを与える力なのかな。




コートカードですから、もちろん最初は人物として読む。
その次は、クィーンの特性として内部にみなぎる気の勢いと読む。
visionを観る力です。visionは幻想と訳すのが正しいのかもしれませんが、僕は啓示と訳します。









悪魔
蝙蝠の羽を持った生き物は怖い顔をしてますが、鎖に繋がれている人間たちは安らぎの顔をしています。
通常の占いの時は喜ばしくはないカードとして扱われがちですが、そうでもないことを覚えておいてください。悪魔のカードは逆位置のほうが苦しいこともあります。





悪って何だろうと一か月以上も考えています。
今は、悪そのものは存在しない、善がない状態を悪と呼ぶのではないかと考えています。

善い言葉、善い行動、善い想い、善い気が無い状態を悪と呼ぶのじゃないだろうか。
これは僕個人の悪だから誰に強制するつもりもありません。
僕は善い状態でないと悪なんだ。
何もしてないと少しずつ悪になる。





続きを読む
      edit

2018年8月5日日曜日

Published 20:25 by with 0 comment

8月5日(日) またまた悪魔。そして善。

休みです。

8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html


パクチーが好きだという人が増えていますが、東南アジアで街中の食堂や屋台で出てくるパクチーを食べてもそう言えるでしょうか。




今月は、悪魔がテーマ。
悪って、違法なことや倫理道徳に外れることを含むが、それだけではないと思いつつ一月ほどが過ぎました。

押し付けるつもりはないし、非常に個人的な、悪の定義。
それは、「善の不在」ではないかと。
悪は存在しない。ただただ(善)が無い状態が悪。
だとしたら、善は?








土曜の夜の電車、金曜夜ほどじゃないけど酔っ払いが大声でうるさい。しかも誰かが線路に飛び降りたようで電車が17分間も止まった。ウォークマンでピンクフロイドを聴きながら。

目を閉じた。疲れ切っていたけど、善とは何かと考えながら目を閉じていた。

ふとね。


善ってのは「大切な人のためにできるだけ長生きすること」じゃないかと思った。
もしそうなら、放浪は俺にとっては悪なんだなぁ。






現在8月5日(日)18時近く。12時間は眠ってしまった。
夢を見た。やはり放浪の夢。インドだった。見ないですむようになれるだろうか・・・
続きを読む
      edit

2018年8月4日土曜日

Published 2:16 by with 0 comment

8月4日(土) 今日も悪魔

東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。

8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html


東南アジアを旅する時の大きな楽しみの一つに果物を腹いっぱい食べるというのがあります。

今はどうなのか知らないけど、昔はマンゴスチンって日本じゃ食べられなかったもん。もちろんドリアンも食べられなかった。

屋台で果物を「これをこんぐらい、これをこんぐらい」と頼んで値切るのも東南アジア放浪中の楽しみの一つです。

こないだ、お墓の話になって「先生はどうするの」と聞かれた。「撒いてもらいます、そこら辺の川でいいんだけど法律が絡むから海かな」と答えた。ガンジス川に撒いてほしいがそこまで妻に望むのは酷だろうね。
「万が一奥さんが先だったら?」とも聞かれた。「申し訳ないけど、妻の実家に頼んで入れてもらって、俺は放浪に戻ります」と答えた。

東南アジアで旨いもんをたらふく食べて、可愛い女の子と遊んで、インドに行ってパスポートを売って、放浪だと計画をしてたら、パスポートを売れないじゃん。
今のパスポートってICチップが入っていて、チップの中にも顔写真データがあるみたい。やな世の中だ。
日本とカナダのパスポートは良い値段が付いたのにね。

ファングーラオにも街並みに不似合いな中年から初老の白人が一人でいた。妻が「あの人たちもバックパッカーなのかしら」というんで「いや、ありゃ少女買春だとおもう」と答えたらちょっとびっくりしてた。まぁ、少女を買うのにベトナムなおかつホーチミンは危なすぎるけどね。

森田童子がいない世界なんて俺には意味がない。









今月も【悪魔】が鍵。
パスポートを売ったり、少女を買ったり、他人の妻に欲情するのは良くないことです。
これらは、悪のホログラムのようなもの。
悪が可視化したもの。



悪はどこにあるのだろう。















続きを読む
      edit

2018年8月3日金曜日

Published 1:39 by with 0 comment

8月3日(金) 今日は【悪魔】

東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から21時ころまでいます。

8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html



メコン川です。
本流は広く、細い水路がジャングルのなかに続いています。






お国のために、戦友のために、枯葉剤を撒く。広島や長崎に原爆を落とした論理だと思う。




今月は【悪魔】がテーマ。
戦争は【悪魔】の範疇かといえば、そうではない。戦争は【正義】の範疇だと思う。



悪魔
もちろん法律に関わることではない、倫理か道徳が関係するかと先月は考えてきたけど、そうでもないかと感じる。倫理や道徳に関するなら【法王】でいいはず。

社会性に関わるなら【皇帝】だろうね。





悪魔のカードが示しているものは、他者や外界との関わり方の問題ではなく、純粋に個の問題じゃないかと感じてる。

松明の象徴的意味合いを探しているときに、ふと感じた。
灯りを持っているのが、隠者と悪魔だけじゃん。

どんなに仲が良くても、血が繋がっていても、同じような境遇であったとしても、他者には絶対に理解し共感してもらえない部分がある。その部分が当人を苦しめるとき、このカードが出るのじゃないだろうか。

もちろん、人間は誰しもが他者に共感されない、純粋個を持っているのかもしれない。
だが、持っていることが苦しみと結びつくことは稀でしょう。だから、悪魔の道を通る人も稀です。

あぁ、そうか。
その苦しみがこのカードの意味ならばアドバイスは単純だ。








実際にあったことはないけど、ネットの書き込みで見たことはある。
「死にたいという人ほど死なない」と言う人がいる。
 
もし、そういう人が俺の前に来て言ったなら、正座させ小一時間説教をする。
「類は友を呼ぶということを知っていますか。あなたが有言不実行だから、口先で死にたいと言って実行しない人ばかりが集まるんですよ」





「観測史上初の暑さです」って毎年のように聞いている気がする。
35℃以上が猛暑日でしょ、40℃を超えるのは何て呼ぶの?
この暑さで秋の果物はものすごく旨いのではないかと期待してます。


続きを読む
      edit

2018年8月2日木曜日

Published 0:37 by with 0 comment

8月2日(木) 悪魔・ソード5

出張鑑定です。

8月のインタビューを掲載しました。今月は「ベトナム旅行」です。http://www.uranai-japan.jp/intervew.html

8月の運勢を掲載しました。http://www.uranai-japan.jp/unsei.html




暑いねぇ。
先日、旅行したサイゴンのファングーラオという一角。

ホテルという看板ではなく、ホステルとかゲストハウスとなっているのに気が付きますか。
金のないバックパッカーたちはこういうところに泊まります。
もう少し金のない人たちは、ドミトリーという看板を探します。




森田童子も死んじゃったし、放浪することもできないし、どう生きたらいいんだろとサラッと深く考えるときが時々。






今月は悪魔、今日はソード5がテーマです。



ソード5
戦いです。ヒッピーの俺が言うのもなんだが、戦いが始まったら勝たなきゃならない。戦わないでいいように全力を尽くし、戦いになったら勝つために全力を尽くす。
このカードが出たら、そうする。






悪魔
昨夜、帰宅しテレビを観てた。ボクシングの会長と大学の理事長のツーショット写真が放映されてた。観た方も多いんじゃないかな。たぶん、僕も皆さんと同じ感想です(笑)






悪魔とか、悪魔に鎖で繋がれるとかは特別なことじゃなく、日常に起きること。
続きを読む
      edit