2018年2月20日火曜日

Published 0:08 by with 0 comment

2月20日(火)審判・カップ2

画家:フランシスコ・デ・ゴヤ
タイトル:結婚式
製作年:1791 - 1792
収蔵:プラド美術館

ゴヤと言えば、裸のマハを思い浮かべるけど、おどろおどろしいのも描いています。
画家: フランシスコ・デ・ゴヤ
タイトル: 我が子を喰らうサトゥルヌス
製作年: 1821 - 1823
収蔵: プラド美術館

神話は、今の話なんだな。


今日は、横浜占い月天子に12時から20時ころまでいます。

今月は審判、今日はカップ2が鍵です。

カップ2
ライオン、羽、蛇が巻き付いた杖、カップを交換する、遠景の家。
それぞれに意味があります。


屋根が天、窓が神々、壁が地だったかな。丘の上に建っています。丘は古典的な礼拝所です。

このタロットカードの意味は、絵を見て感じるままです。
シンボルを知ると、もっと深く感じます。
人を好きになるって不思議だなと思う。一種の狂気ではないだろうか。



生活とか、生き方を占ったときにカップ2がでたなら?
もちろん「恋人を大事にしてください」「恋人を探しましょう」でも良いんだ。
だが、もう少し個的な読みでも構わない。






審判
僕たちの世界・棺は水に浮いている。水が揺れると世界感すら変わる。
毎日が嵐のような水面では疲れるし、凪のような状態も退屈だろう。




アマゾン川、ガンジス川、メコン川の河口って行ってみたい。




審判・カップ2
自分の中にある、自分らしくないものと手を結ぶ。



Trips  continue.Love & Peace. 
今月のインタビューを掲載しました。今月は「2017年を振り返る」です。
http://www.uranai-japan.jp/intervew.html 

2月【2月4日から3月5日】の運勢を掲載しました。
http://www.uranai-japan.jp/unsei.html 



2月末で横浜関内占い月天子は閉店します。5年間ありがとうございました。
タロットメモ→https://ameblo.jp/nakagawa1953
中川昌彦オフィシャルサイト→ http://www.uranai-japan.jp/
 
占いを受けた体験談を1500文字くらいで書いてくださる方を募集しています。
二人の方に書いていただきました。
体験談1人間関係
体験談2 遠距離恋愛
      edit

0 コメント:

コメントを投稿