2018年2月19日月曜日

Published 1:06 by with 0 comment

2月19日(月)審判・ソード7

画家:グスタフ・クリムト
タイトル:雷雨の接近 (大きなポプラ II)
製作年:1903
収蔵:レオポルト美術館


雷は【塔】などのように閃きを示す時もあります。日本では稲妻ともいうよね、雷の多い年は稲が豊作になるようです。

今日は横浜占い月天子に12時から20時ころまでいます。
今月は審判、今日はソード7が鍵です。

ソード7
描かれている天幕は軍隊の野営地でしょうか。そこから剣を盗む男が描かれています。


実占時には、起業したいときなどにも出ます。僕は、このタロットカードから悪意は感じません。

一人になって考えたいと読むときは、出たポジションによってですね。
それが、吉か凶かは別なので、流れを見ること。




冬季オリンピックの真っ最中。
小平選手は凄いなぁ。
結婚してからオリンピックの放映を観るようになりました。一人になったら、また観ないだろう。
俺にとって結婚って価値観が変わる事だった。




審判
日常生活に落とし込むと、一時流行った断捨離に近いかな。




審判・ソード7
計画を立て、備える。



      edit

0 コメント:

コメントを投稿