2017年8月17日木曜日

Published 23:31 by with 0 comment

8月18日(金)星・カップ7

東京秋葉原占いマクトゥーブに12時から20時ころまでいます。

今月は、ⅩⅦ星。今日は、カップ7

カップ7
妖精が見せる幻というようなことが述べられています。
そして、人物が黒く描かれている。僕は、このカードの〈黒〉は他のカードの黒と意味が違っているとも考えています。〈無色〉ということを描きたかったんじゃないかと思っています。

このカードは、けっして失敗や行き詰まりを意味していません。道が7方向に拡がっている、どれを選ぶか僕たちに任されている。そんなイメージです。

幻の中に浮かぶ妖精からの贈り物。なにを欲しいですか?




僕は〈蛇〉が欲しい。蛇には知恵の鋭さのようなものもありますが、Ⅰ魔術師が腰に巻いているウロボロスの蛇を想いだしてください。時間と関わりがある。Ⅹ運命の輪にも蛇が描かれていましたね。


いま、久しぶりにDoorsを聴いている。

1982年の夏も毎日Doorsを聴いていた。35年過ぎた。今夜、P・K・ディックの「聖なる侵入」を読了。次は「ティモシーアーチャーの転生」に取り掛かる。

あと35年なんて贅沢は言わない、20年欲しい。完了させてみせる。








ⅩⅦ星
シリウス、シリウスをとりまく星々。命の水を注ぎ続け陸と海を潤す裸の女。彼女がTORA。

「ヴァリス」に登場した車にひかれた猫。「聖なる侵入」に登場する車にひかれた犬。命の水を持たない僕は。

だれかこの詩を訳してほしい。




星・カップ7
欲しいもの、それは希望になり、活力になる。

昨夜は久しぶりに教会に行った。信者じゃないんだけどカトリック教会は集会所を貸してくれる。そういう点はほかの宗教には無い寛容さがあるね。



Love & Peace
8月の運勢をアップしました。
8月のインタビューをアップしました。2017年8月「お化けの話」
中川昌彦オフィシャルサイト       
      edit

0 コメント:

コメントを投稿