2017年5月21日日曜日

Published 1:16 by with 0 comment

5/21 皇帝・ソードナイト

休みです。
今月は〈皇帝〉、今日は〈ソードナイト〉

〈ソードナイト〉
意味はひとまず置いといて。
彼の心は清らかである、そのことによって剣の遣い方が素早く確実だと述べられています。



心は清らかか?
仕事柄、清らかではない占いも喜んで引き受けています。占いに善悪、正邪、倫理道徳を持ち込むべきではないとも思っています。
銭洗弁天で占いをしていたときは、あそこの神社は金運だということでイリーガルな分野の人たちも時々お参りに来ていて、そういった分野も占った。




自分はどうか?
心は清らかか?
昨日はインドにしばらくいたという方が来てくださいました。最近のインドの女の子はTシャツにミニスカートらしいよ。変化している。

GOAには相変わらずヒッピーが集まっているようです。
懐かしい。GOAのイミグレは融通が効くという口コミだったんで査証延長の為もあってしばらく滞在した。今じゃとんでもない話だが、申請時に書類の下に10ドル紙幣をそっと忍ばし窓口へ。書類に「religion」という項目があってびっくりした覚えがあります。

今の僕はあの頃よりもちょっとだけ心が清らかだと思います。





これは僕自身の経験に過ぎないんだけど、心が清らかなほうが生きやすい。





40年ぐらい前のGOA。イギリス人の青年と数日間つるんで少しお金を稼いで二人で娼館に行ったなぁ。HIVもない長閑な時代だった(もちろん今の僕は性感染症、ABC肝も持っていませんw)
ボンベイのスラム街の娼館みたいなんじゃなく、海辺に建っているイギリス植民地時代の瀟洒な建物。吹き抜けの広間、天井には大きな扇風機。ヨーロッパ風のソファーに座って紅茶を飲んでいると、マダムが女の子を連れてきた。

女の子が二人来た。その子たちはサリーじゃなくお揃いのワンピースだったのが強烈なインパクトで彼と目を合わせてしばらく沈黙してしまった。
娼婦たちには色々と助けてもらった。

あちらこちらで砂浜星空の下でライブをやっていた時代。
みんなどうしているだろう。元気かな。



あの頃よりは、ちょっとだけ心は清らかになった。
清らかなほうが生きやすい。楽だ。
心を清らかにするには、行動をちょっとだけ清らかにする。





〈皇帝〉
思惟。




〈皇帝〉〈ソードナイト〉
清らかな心もちで深く思いを巡らす。

心地よい空間で、姿勢を正しくし座り、身体に出入りする空気だけに意識を置き続ける。この行動だけでも少し心が清らかになりますよ。



5月のインタビュー欄をアップしました。今月は「甘いもの」です。
5月の運勢をアップしました。
中川昌彦オフィシャルサイト
 
      edit

0 コメント:

コメントを投稿